北海道知事鈴木直道の学歴と経歴プロフィールは?家族構成と評判を調査

今回、史上最年少若さで北海道知事選に当選した鈴木直道さん。

『何故、こんな若い鈴木直道さんが当選できたの?』

と思った方もい多いのではないでしょうか?

夕張の前市長で、8年に渡って夕張の再建に携わった有能な人物です。

その実績や成果は北海道民が認めたというのが今回の北海道知事選の結果に出たのではないかと思います。

そこで今回は、

  • 北海道知事鈴木直道の経歴プロフィール
  • 北海道知事鈴木直道の高校や大学の学歴
  • 北海道知事鈴木直道の家族構成と妻や子供
  • 北海道知事鈴木直道の評判

についてご紹介していきたいと思います♪

北海道知事に当選した鈴木直道はどんな人?と思った方は参考にして下さい。

北海道知事鈴木直道プロフィール

名前:鈴木直道(すずきなおみち)

生年月日:1981年3月14日 

出身:埼玉県春日部市

所属政党:無所属

夕張市長を2期(8年)も間、任期を全うしました。

鈴木直道さんは高校在学中に両親が離婚されたそうで、母子家庭で育ちました。

女手一つで育てた息子が北海道知事にまでなったのですからお母様は大変喜んだに違いないですね♪

実は大学に在学している時にボクシング部に所属していたのですが、その腕前は凄かったようで、「2002年度国民体育大会ボクシング競技東京都代表選考」で準優勝の功績を残しています。

高校や大学はどこ?学歴を調査

北海道知事鈴木直道さんの高校は、『埼玉県立三郷高等学校』に通っていました。

この高校を調べたのですが、偏差値は41で難関度は低めの一般的な高校です。

2017年の口コミには少し荒れた子がいるという情報がありましたが、鈴木直道さんが通っていた時期とは違うので、当時はちゃんとした高校だったのかもしれません。

続いて、鈴木直道さんの大学を調べたのですが、18歳のときに一度経済的な理由から大学進学を断念していました。

19歳の時に『法政大学第二部法学部法律学』に入学しています。

そこで、地方自治を専攻して学んびました。

今では、法政大学の第二部は2011年に廃止されています。

北海道知事鈴木直道の経歴

1999年 東京都庁に入庁

2000年 『法政大学第二部法学部法律学』入学

2008年 夕張市市民課市民保険グループに派遣

2010年 東京都知事本局総務部総務課主任

この時内閣府地域主権戦略室に自ら出向きました。

同年11月 東京都を退職

2011年 夕張市長選挙で当選

2013年 『ヤング・グローバル・ リーダーズ』に選出される

2015年 夕張市長に再選

2019年 夕張市長任期満了に伴い北海道知事選挙に無所属で立候補し当選

北海道知事鈴木直道の妻や子供は?家族構成を調査

2011年5月14日に夕張で鈴木直道さんはご結婚されています。

そこで、今回は鈴木直道さんの家族構成について調べました。

 

北海道知事当選確実の時の様子

この画像で注目して頂きたいのが、鈴木直道さんの横にいる女性が妻なおではないかと囁かれています。

現在も妻の詳細を公表されていませんが、この当選した時に鈴木直道の横をしっかりキープされている方はとてもあやしいです!!

夕張で結婚していたので、お相手はてっきり夕張の方なのかと思いきや東京んい居た時から交際を続けていた女性とご結婚されたとのことでした。

婚活の活性化は夕張では行わなかったのですね(笑)

にしても、東京から夕張まで鈴木直道さんを追ってきたのですからそこに愛情の深さを感じますね!!

おそらく心底鈴木直道さんを支えたいと思っている素敵な女性なのでしょうね。

子供についても公表はされていません。

でも。2011年にご結婚されていますから現在お子さんは二人くらい居てもおかしくないと思われます。

私の勝手な予想ですが鈴木直道さん似の女の子だと物凄く可愛い子なのではないと予測できますね♪

北海道知事鈴木直道の評判

続いて、北海道知事に当選した鈴木直道さんの評判をご紹介したいと思います。

今回の北海道知事選では女性からの指示が圧倒的に多かったようで、この若さとルックスから女性の支持を集めるのはだいたい予測は出来ていました。

では実際、北海道の方の意見はどうなんでしょう?

https://twitter.com/SARA_yukie222/status/1111971816539488257

評判は様々でしたね。

苦労人で努力家だから応援したいという人が結構沢山居た印象です。

ですが、反対に泊原発の撤廃について何も発言していなかった事を指摘する声も多かった印象です。

北海道知事選の相手がもし高橋はるみさんや北海道に人気の元アナウンサーだったら当選はどうだったのでしょう。

今後の、北海道の行く末はどうなるのか見守っていきたいと思います。