カイリージェンナーの経歴は?何した人なの?旦那と別荘について調査した結果

こんにちは、Toaです♪

今回、21歳という若さで世界でもっとも財産がある人だと表彰されたカイリージェンナーさんについてご紹介していきたいと思います。

史上最年少でビリオネアに選ばれたと聞いて私が思った事は

カイリージェンナーってだれ?

21歳でビリオネヤって何した人なの?

旦那もいるの!?

別荘があるっていったいいくらの別荘なの?

って、私と同じように思った方は多いのではないでしょうか?

今回、私がもう調べに調べ尽くしたのでその内容をご紹介していきまね♪

カイリージェンナーの経歴(wiki風)

kylie jenner(カイリージェンナー)

1997年8月10日生まれで、ロサンゼルス出身の女性。

抜群の美貌と財を兼ね備えた完璧で理想のカイリージェンナー。

元陸上選手の父ブルース・ジェンナーとアメリカのタレントである母 クリス・ジェンナーと間の子供です。

母クリス・ジェンナーの元夫は ロバート・カーダシアンとう名前で弁護士でした。

2007年からお騒がせセレブのガーダシン一家を追跡したのドキュメンタリー番組が放送を開始して実の姉ケンダル と共に注目されていた。

家庭環境は複雑ではありますが、テレビの影響もありカイリージャンナーの名は瞬く間にアメリカ中に知れ渡りました。

モデルやタレントとして活動を始め、Instagramののフォロー数が1億2800万人という世界から注目を浴びています。

カイリージェンナーは何した人なの?

2015年(カイリージェンナーが当時18歳)にコスメブランド

「カイリー・コスメティクス(KYLIE COSMETICS)」

を立ち上げた女性実業家です。

わずか3年足らずで2018年7月時点で約6億3000万ドル(日本円で約693億円)を売り上げた強者。

あの有名コスメブランドmacですらここまで売り上げに伸ばすのはかなりの年数がかかったというのにカイリージェンナーはわずか3年程でこの数字を叩きだし今も尚その売り上げは右肩上がりの状態です。

なぜ、コスメで成功者の仲間入りができたのか?

その理由は、カイリージェンナーのInstagramにあります。

彼女のInstagramのフォロー数は1億2800万人です。

この数字がどのくらいスゴイのかというとあのInstagramのフォロー数が日本一となった渡辺直美のフォロー数は860万人です。

この大きな違いがわかりましたでしょうか?

カイリージェンナーは自分が立ちあげたコスメブランド

「カイリー・コスメティクス(KYLIE COSMETICS)」

を自らが広告塔になり世界的に発信した事によって爆発的なスピードで急成長を遂げたのです。

自らが広告塔になれたのはこの美貌あってのことですね!!

庶民には絶対マネはできません!!

カイリージェンナーの旦那はラッパー

カイリージェンナーは21歳という若さでもうすでに結婚しております!!

お相手はトラビス・スコットで1992年生まれの26歳。

職業はラッパーのお仕事をしていて受賞歴もあるこちらも強者です。

カイリージェンナーのインスタにも度々出てくる画像がこちら

ちゃんとパパしてます!!

という感じが出ていて良い家族のようですね!!

若いのにトラビススコットもカイリージャンナーも本当に偉いと思って感心しちゃいました!!

カイリージェンナーに別荘があるって本当?

カイリージャンナーさんまず次元が違う方でした…。

別荘購入しているわけではなくて、別荘を一泊50億でレンタルしていました!

それもカイリージャンナーが19歳の時に、姉のケンダルと共に何泊も!!!

3日お泊りしてら150億円ですよ?

どうやらカイリージャンナー自宅はコロコロ購入する傾向は有りますが、別荘はレンタルでいいという考えだそうです。

にしても、この金額を出すのであれば購入した方がお得かと…。

まとめ

今回はカイリージャンナーについてご紹介させていただきました♪

調べれば調べるほどなんだか自分が悲しくなってきちゃいましたがとにかく彼女はかなりの強者でした!!

カイリージェンナーは女性起業家で自身が立ち上げたコスメブランド「カイリー・コスメティクス(KYLIE COSMETICS)」を自らが広告塔となり大成功を収めました。

また、21歳という若さでラッパーのトラビス・スコットと入籍していて現在娘のストーミーちゃんと3人でとても仲睦まじい家族を築いていました♪

別荘に至っては、購入ではなく一泊50億の別荘をレンタルするということで自宅にはこだわりますが、別荘にはまだ購入意欲はないようでした!

まぁ、でも『多分買った方が安いですよ!』

と声を大にしてカイリージェンナーに言いたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました♪