中西進(令和考案者)の経歴プロフィールは?学歴や顔画像と妻や娘も調査

新年号『令和』が発表してから1日が経過したところで、『令和』の考案者の詮索が始まっています。

その中でも、万葉集の専門家である中西進さんが令和を考案したのではないか?

と噂されているので今回は、

  • 中西進の顔画像とプロフィール
  • 中西進の経歴と大学や学歴
  • 中西進の妻と娘
  • 中西進が令和の考案者に浮上した理由

についてご紹介させていただきます。

中西進の顔画像とプロフィール

では、中西進さんの顔写真とプロフィールをご紹介していきます。

中西進さんの顔画像はこちら

名前:中西進(なかにしすすむ)

生年月日:昭和4年8月21

出身:東京都

職業:高志の国文学館初代館長

文学系の中西進さんは『万葉集の比較文学的研究』によって、1962年に15回読売文学賞受賞している方で、万葉集に関してかなり知識があります。

この経験を活かして万葉集の漢字本文と現代語訳した文庫『万葉集』のテキストを出版しました。

中西進さんが原題語訳した『万葉集』はこちら

中西進の経歴

1988年 国際日本文化研究センター教授、とトロント大学客員教授 を兼任。

1995年 帝塚山学院大学教授と同国際理解研究所所長と姫路文学館館長に就任する。

1997年 大阪女子大学学長に就任。

2001年 帝塚山学院理事長と学院長に就任して、同年に奈良県立万葉文化館館長を任せられる。

2004年 京都市立芸術大学学長に就任。

2011 年池坊短期大学学長に就任。

2012年 高志の国文学館初代館長に就任。

文学に関しての受賞歴一覧

  • 1964年第15回読売文学賞(『万葉集の比較文学的研究』)。
  • 1970年日本学士院賞(『万葉史の研究』)。
  • 1990年第3回和辻哲郎文化賞(『万葉と海彼』)。
  • 1997年24回大佛次郎賞(『源氏物語と白楽天』)。
  • 2002年京都新聞文化賞。
  • 2004年奈良テレビ放送文化賞。
  • 2004年文化功労者。
  • 2005年瑞宝重光章受章。
  • 2010年「万葉みらい塾」で菊池寛賞受賞。
  • 2013年文化勲章。

中西進の高校や大学は?学歴が凄すぎる!

ここでは中西進さんの学歴についてご紹介させていただきます。

まず始めは、卒業した高校は、『広島大学附属高校』です。

『広島大学附属高校』は偏差値75という難関の高校で、個性豊かに発揮できるとても環境のいい高校です。

広島県内の高校の人気ランキングでは2位という素晴らしい高校です。

続いて、中西進が卒業した大学は『東京大学文学部国文学科』です。

中西進さんは『広島大学附属高校』の大学には進まず、東京大学に進学しました。

そこで、文学部に所属して文学の研究をされていたそうです。

この東大で文学部に所属した事で後に様々な賞を受賞するまでの文学者になったのでしょう。

家族構成は?若い妻と娘の現状がヤバい!

中西進さんが再婚されているという情報がありました。

元の奥さんの情報は有りませんが、再婚相手はかなり歳の離れた方のようです。

子供は娘が二人いて、どちらも再婚相手の連れ子です。

妹は水難事故で既に他界していて、姉は現在アイルランドで医師を目指しているという情報がありました。

以外にも、家族に関しては複雑な環境なのがうかがえますね。

令和の考案者に中西進が浮上した理由は?

ここでは、なぜ『令和』の考案者に中西進が浮上したのかその理由についてご紹介していきたいと思います。

まず、大きな理由としてはこちらの内容があげられています。

中西氏は東大大学院修了。万葉集が専門で大阪女子大学長や京都市立芸大学長などを歴任した。2013年に文化勲章を受章。著書に「万葉集の比較文学的研究」「日本文学と漢詩」などがあり、日本古典中国古典双方に詳しいとして研究者の間で評価が高い。

上記でもご紹介した通り、中西進さんは万葉集についてかなりのプロフェッショナルです。

数々の賞を受賞して、尚且つ『万葉集』の原題語訳を出版し、中国文化と日本の文化を照らし合わせて研究を行っていた方なので当然今回の新元号の考案者として名前が浮上しないわけがございません。

しかし、本人は3月上旬には、

『新年号の考案に関与していません。』

と主張しておりました。

政府では、考案者を隠すという傾向があったのでこの発言はもし考案していたにしても『関与していない』と言うしかないと思われますね。

まとめ

新元号『令和』の考案者なのではないか?

と名前が挙がった中西進さんについいて今回はご紹介させて頂きました。

中西進さんは万葉集の研究者として知られる人物で、東大の文学部を卒業されている高学歴の方でした!

また文学において様々な賞を受賞していて、その功績は素晴らしいものでした。

一見、順風満帆な中西進さんですが、自分の家族が少し複雑で再婚の経験がります。

かなりお若い妻に持ちその連れ子である娘二人の父親になりますが、妹を水難事故で亡くしてしまっている事実には正直驚きました。

中西進さんが令和の考案者なのでしょうかね?

本人は否定していますが、やはり経歴ろ見ても中西進さんが考案者だという考えは濃厚かな?と思いました。

最後までお読みいただきありがとうございました♪

【この記事を見ている方はこの記事も見ています】

令和元年と1年の履歴書の書き方はどっち?違いはあるのか調査

令和(新元号)の評判や世間の反応と英語表記は?イニシャルはRになるの?

令和の書家茂住修身(もずみおさみ)の学歴や経歴は?顔画像や家族も調査