高野隆弁護士の学歴と経歴プロフィール!年収や評判と家族も調査

こんにちは、Toaです♪

今回は、あのカルロスゴーンの保釈時に変装させるように提案した人物がこの高野隆弁護士です。

前代未聞のこの珍劇場に世間は大騒ぎになりました!

そこで、今回は

  • 高野隆弁護士の経歴とプロフィールは?
  • 年収や家族はいるの?
  • 評判はいいの?

このことについて調べましたのでご紹介していきたいと思います。

高野隆弁護士のプロフィール

高野隆【たかの たかし】弁護士は、1956年9月30日生まれで、第二東京弁護士会所属しています。

中でも、刑事弁護人が得意分野のようで、数々の事件で無罪判決を勝ち取っている凄腕の弁護士です。

日本の三大刑事弁護人としても有名でその三大刑事弁護人のメンバーには、神山啓史、後藤貞人などそうそうたる刑事弁護人と名前を並べています。

今では、高野チルドレンという弟子も抱えている信頼の厚いお方です。

高野隆弁護士の経歴は?

1979年 早稲田大学法学部卒業
1982年 弁護士登録(埼玉弁護士会)
1987年 サザン・メソジスト大学ロー・スクール卒業(LL.M)
2004年 第二東京弁護士会に登録換え
2004年~2009年 早稲田大学大学院法務研究科(法科大学院)教授
2006年~2014年日弁連裁判員本部・法廷技術に関するプロジェクトチーム座長
2014年~2015年日弁連刑事弁護センター・法廷技術小委員会委員長

引用元:高野隆法律事務所

数々の著作も出版しされていて

最近出版されたものでは、
『シリーズ刑事司法を考える第5巻 裁判所は何を判断する』

『憲法的刑事弁護--弁護士高野隆の実践』 などがあげられます。

弁護士としての実力もそうですが、人を指導すという事にもセンスがある方です。

主に担当した弁護には

  • オウム真理教事件 の 高橋克也 第一審
  • オウム被害者の会の会長VX襲撃事件
  • 地下鉄サリン事件

など、日本中が注目した事件に高野弁護士は刑事弁護人として関わっていました。

日本三大弁護士と言われるのも理解できますね!

高野隆の学歴の詳細

高野隆弁護士の学歴は凄いです!

早稲田大学法学部を卒業後、テキサス州にあるアメリカの私立大学のサザンメソジスト大学ロースクールに通っていました。

アメリカで憲法、刑事手続法、証拠法を学びに留学もしていたので、高野隆弁護士の英語力はかなりのものです。

日本だけにとどまらずグローバルに活躍する学歴を持った人です。

家族はいるの?

調べてみたのですが、正確な情報が見当たりませんでした。

62歳という年齢ですから、妻はいると推測されます。

現時点で奥さんの話題が上がってこないということは一般女性と結婚してると考えていいでしょう。

また、子供の情報も今のところ出てこないのでこちらも居るとは思いますが、高野隆弁護士が胸はって紹介できるようなお子さんではないか、ただ注目されていないだけのどちらかですね!

弁護士という職業柄刑事事件を主に扱っているので、家族は公に公表しないとあえて高田さんがそうしている可能性もありますね!

高野隆弁護士の年収はいくら?

一般的に弁護士の年収は1000万円とされています。

ですがこの場合は雇われている場合です。

以前、私も弁護士を頼んだ事があるのですが結局のところ弁護士は自由に値段を決める事が出来るようで、実力がある方なら尚更お安い金額ではあまり動かないようです。

高野隆弁護士も自分で事務所を構えているので、少なくても一般の弁護士よりはるかに収入はあるかと思われますので、

少なく見積もって収入は3000万~5000万がいいところだと思います。

高野弁護士の評判を調査

では、高野隆弁護士の評判を紹介していきます。

  • 宮崎駿に似てる!!
  • 保釈のスペシャリスト!!
  • 過去の担当した事件がヤバすぎる!!

SNS上ではこの3つの評判が多かったですね。

地下鉄サリン事件の時はまだネットが普及していない時代ですから評判といえばこの事件知ったという方が大半でしょう。

今回、カルロスゴーンの事件でかなりの知名度があがったのでこの先の評判の動きはチャックしていきたいですね!!

まとめ

高野隆弁護士の経歴スゴイもので中でも、学歴は早稲田の法学部を卒業していて、その後アメリカにある私立大学のサザンメソジスト大学で憲法、刑事手続法、証拠法について深く学びました。

長く実績を積んだあと、日本三大弁護士といわれるほどにまでなっていました。

家族については具体的な詳細はありませんでしたが、年齢的にも家族はいるでしょう。

公にされていないことから奥さんは一般人の方だと推測できます。

収入についてもここまで有名な弁護士さんなので推定3000万~5000万が妥当な金額でした。

今回のカルロスゴーンの弁護にいたっては弁護料として金額的に年収くらいの報酬はもらっているかもしれません。

保釈のスペシャリストである高野隆弁護士の今後も注目していきたいと思いました♪

最後までお読みいただきありがとうございました♪